こじま行政書士事務所は、医療法人の許認可・手続き専門の行政書士として、医療法人・クリニック経営をサポートいたします。

通常の医療業務に集中できるよう、許認可や手続きなどは、当事務所にまるごとお任せください

さらに、医療経営の専門家としてアドバイスに加え、悩みの多い資金調達についてもサポート可能です。

小島 和則

ビジョン(会社が目指している将来像)

全ての人がヤル気に満ちてワクワクがあふれる社会を創り、
これが子々孫々まで循環して、相互影響しあう平和な世界を実現する。

ミッション(会社の使命、社会的な役割)

明日を夢見て、前向きに行動している人をサポートすることで、
社会に小さいながら活力を生み出し、日本の社会を発展させるための下支えとなる。

経営理念(会社を経営する目的)

人がもつ思いや可能性を具現化するための支援をとおして期待に満ちた社会を創出する。

代表あいさつ

子どものころのヒーローは「お医者さん」

子供の頃、失明のおそれのある怪我をしました。
その時に、あるお医者さんが、怪我を治してくれたのです。
しかも、後遺症も残りませんでした。
それ以来、私のヒーローは「お医者さん」になったのです。

一時期は医者を目指しましたが、そうそうなれるわけもなく、メーカーに勤めていました。

40歳になったときに、個人的にお医者さんと知り合いました。
そこで、普段見えない活動を見ることができました。

診療が終わったあとの勉強会、各種講演会、学会、薬の勉強会などなど。常に患者のために医業の研鑽を積まれていることに感動。

その時、子供のころのヒーローが蘇ったのです。

「お医者さんを支援したい!」という思いだけで、転職!
行政書士の資格を取りました。

お医者さんにとって、何が一番大事か?と考えたとき、それは「時間」なのではないかと思っています。患者さまに向き合う時間、勉強する時間など本業に向き合う時間です。

しかし、法人化すると、経営もしなくてはなりません。
ですから、私は、お医者さんが本業に注力できる時間を確保するためのサポートを惜しみません。

許認可など代理をはじめ、医療機器購入のための資金調達サポート、医療経営コンサルティングとして、徹底的にお医者さんに寄り添ったサービスを心がけております。

小島 和則

こじま行政書士事務所
代表行政書士 小島和則(こじまかずのり)

1965年4月9日生
出身:函館
資格:ワインエキスパート

医療法人設立、分院設立、事業承継等のことなら
こじま行政書士事務所にお気軽にご相談ください。

オンライン無料相談実施中!

03-4405-4426